講師K.Uzakiのライティング教材 詐欺


一応、また進展があり次第記事は書くと思いますが、詐欺商材と詐欺師達の、未だ消えぬ問題、

尾島幸仁×宮本卓也 対面不労所得プロジェクト
http://webconsulting-ojima.net/income/

こちらについて書かせていただきたいと思います。
ほとんどの方は、こちらの商材の値段、120万円という値段を見れば、手を出すことはないと思います。万が一、もし、詐欺だったなら……と考えると、さすがに勉強代などと言ってあきらめがつくものではありません。
もちろん、寸借詐欺のように低額で人を騙す詐欺商材もありますが、今回はそれについては割愛させていただきます。

余談ですが、本庄一味以外にも残念ながら、詐欺としか言えない商材もあります。そうしたものを掴まされないためには、http://www.no1-reviewer.com/ こちらを参考にされてください。
また、本庄一味の件について、より詳しく知りたいという場合は、 http://www.no1-reviewer.com/review/cat58/ こちらを是非熟読していただくよう、お願い申し上げます。

さて、話を戻しましょう。本庄一味の最大の問題はあの値段にありますが、それは同時に、こんなに高額だから、詐欺のはずがない。
こんなに高い商材を買う決断をした以上、騙されたなどということがあるはずがないし、あってはならない。そういう心理が人には働きます。しかし、そんなことで悩んでいる方は、是非一度、あなたの仲間がいることも知って下さい。これほどたくさんの詐欺被害者が、ネットで声をあげているんです。

http://henkin.bbs.fc2.com/?act=reply&tid=14874397

詐欺かも知れないと思ったならば、声を上げねばなりません。何もしないままでは、払ってしまった120万円は返ってきません。詐欺だと批判してはいますが、この件について問題の一つは、警察で刑事事件として立件されていない。ということです。
詐欺なら警察の仕事じゃないのか? と思う方もおられるかと思いますが、詐欺というのは意外と警察が動きづらいものなのです。
必ずしも詐欺師が逮捕される、というわけではありません。
だからこそ、私や http://www.no1-reviewer.com/ のようなサイトが必要なのです。そして、少しでも被害者を減らし、回復を図るためにこうした活動を続けています
長々と書きましたし、一部重複する部分もありました。しかし、それだけ伝えたいことがあるということでもあります。
今後も当ブログは本庄一味の件について、注視していく次第です。